オンラインカジノは将来合法になるのか?

Pocket

iGaming

現在日本でもオンラインカジノが注目されていますが、現状でオンラインカジノをプレイすることは違法なのでしょうか?合法なのでしょうか?この記事ではオンラインカジノが将来合法になるかを徹底検証します。またオンラインカジノが何かわからない人は、カジノ専門サイト、GoodLuckMateを訪問ください。オンラインカジノに関する一般知識を学ぶことができます。

オンラインカジノを運営するには

オンラインカジノを合法に運営するには、各政府が運営許可証となるカジノライセンスを発行する必要があります。このカジノライセンスを取得すれば、その運営会社はオンラインカジノを合法で運営できます。オンラインカジノのライセンスを取得するのも厳しい審査の他、ライセンス料などの料金が発生します。カジノライセンスを取得した後も定期的な検査があり、取得後も、厳しくチェックを受けます。全ての条件を満たした上でカジノライセンスを取得できるので、カジノライセンスを所持していると言う事は、安心して遊べるカジノということを保証します。また、カジノライセンスにも信頼度のレベルが異なり、一番厳しいと言われているマルタのライセンスやキュラソーのライセンスを所持しているオンラインカジノは安心してカジノプレイができます。どこの国の政府のライセンスを所持しているかを確認してからプレイすることをお勧めします。

日本の賭博法

日本には賭博法があり、国内でギャンブルをすると法律で罰せられる対象になります。日本の賭博法は4種類あり、単純賭博罪、常習賭博罪、賭博開帳図利罪、組織犯罪処罰法がありますが、賭博を国内で行った人を取締る法律は「単純賭博罪」「常習賭博罪」で、賭博の場を国内で開いた人などをを取締る法律は、「賭博開帳図利罪」「組織犯罪賭博法」となります。あくまでも国内でこれらの賭博を行った側と遊んだ側が対象となります。現在日本には、上記に説明した賭博法が存在しますが、オンラインカジノに対して明確に定められた法律はありません。オンラインカジノを合法に運営している会社は、政府に認可されて運営している企業で、合法にカジノライセンスを取得して運営しているオンラインカジノは全て日本の国外に会社があり、サーバーも海外にあるため、日本の法律で裁くことはできません。まだオンラインカジノの法律が存在しないので、運営する側もプレイする人も裁くことができないのです。

現在のオンラインカジノの合法性

現在、オンラインカジノは合法でも違法でもありません。法律がないため、宙ぶらりんな状態なのです。しかしこれはあくまで海外で合法に運営しているオンラインカジノのみに限ります。日本国内で運営しているカジノサイトは当然違法の対象ですが、海外にある場合は、違法の対象にはならないのです。あくまでもグレーゾーンの領域にいるということを認識して、自己責任のもとでオンラインカジノをプレイするようにしましょう。

カジノ法案(IR法案)

2018年7月にIR整備法が成立し、日本政府のカジノ解禁に向けての動きが今進んでいます。IRとは統合型リゾートを意味し、カジノの施設以外にも映画館、ホテル、温泉施設、ショッピングモール、スポーツ施設、スパなどの施設が集まったリゾート施設です。このようなリゾートを設立することで、海外からの観光客を集めて、国の利益を挙げるという狙いです。当然経済効果を目的にランドカジノ施設が作られるので、実際にカジノ施設ができれば、自然にオンラインカジノも合法になると予想できます。実際のランドカジノに行ってギャンブルをするのが合法になれば、当然オンラインで遊ぶカジノにも問題がでることはないと伺えます。

 

結論

結論からいうと、将来オンラインカジノは合法になる可能性が高いと言えるでしょう。現時点ではあくまでもグレーゾーンですが、カジノ施設が設立されれば、オンラインカジノの法律もでき、合法でオンラインカジノをプレイできると予測できます。

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加