日本のマーケットにピッタリのスポーツベッティング方法は?賭け方を紹介

Pocket

スポーツベッティング

ウェブサイトやYoutubeなどでは、スポーツベッティング関連の話題で持ち切りです。「どうすれば勝率が上がるか?」「おすすめのベッティング方法はどれか?」といった具体的なトピックについて意見が活発に飛んだり、議論されたりしています。もともとスポーツベッティングを提供しているのは海外のブックメーカーになりますが、日本のマーケットにマッチするベッティング方法はどれなのか、ちょっと気になりませんか?

 

スポーツベッティングで王道な賭け方と言えば、勝敗を予想するマネーライン、提示された数字を超えるか超えないかを予想するオーバー/アンダーがありますが、それ以外で「日本のマーケットに適した賭け方」はあるのでしょうか?ここではBeebetといった優良ブックメーカーで有利に賭けることができる、日本市場にあった賭け方をご紹介したいと思います。

 

ダブルリザルト:賭け方の選択肢は全部で9個

ダブルリザルト(Double Result)は、前半戦と後半戦があるスポーツに賭けることができる賭け方です。この賭け方では全部で9通りの賭けを行うことができるため、選択肢としてはかなり豊富だと言えますね。とはいえ、特定のスポーツに詳しく、チームや選手のパフォーマンスに詳しいパンターなら、的中する可能性も高いです。賭け方の組み合わせはサッカーリーグで適用される「引き分け」を入れて以下の9通りとなります。

 

  • 前半ホーム勝利、結果ホーム勝利
  • 前半ホーム勝利、結果アウェイ勝利
  • 前半ホーム勝利、結果引き分け
  • 前半引き分け、結果ホーム勝利
  • 前半引き分け、結果アウェイ勝利
  • 前半引き分け、結果引き分け
  • 前半アウェイ勝利、結果ホーム勝利
  • 前半アウェイ勝利、結果アウェイ勝利
  • 前半アウェイ勝利、結果引き分け

日本のベッティングマーケットを考えると、試合全体、イベント全体において一つの予想を立てるより、ショートスパンで考えて答えを導いたほうが、より正確な答えを出せる場合もあります。もちろん、ダブルリザルトでも最終的には全体像を掴むことが必要ですが、まずは前半と後半でそれぞれ区切って分析することで、選手のスタミナやゲーム展開を判断しやすくなります。日本のみなさま。選択肢が多い人生って素晴らしい!そう思いませんか?

 

ウィニングマージン:数字に強い日本のマーケットにおすすめ

ウィニングマージン(Winning Margin)は、両チーム、または両選手が獲得する「得点差」に焦点を当てたベッティング方法です。例えば「最終的に両チームの得点差はいくつ?」「試合が終わった後の得点差は3点を超える?それとも超えない?」「何点差でどちらのチームが勝利する?」といったものです。どれも「得点差」にフォーカスしていることがわかりますね。

 

それでは、なぜウィニングマージンが日本のマーケットに向いているのか?それは、日本人は数字に強く、読みと勘が鋭いからです!もちろん、このベッティング方法でも両選手、両チームの直近のパフォーマンス、過去の試合成績、対戦相手との相性といった分析も必要になります。何はともあれ、この賭け方で当たればかなり嬉しいですよね。

 

イエス・ノー・ベット:二択で真っ向勝負

イエス・ノー・ベット(Yes No Bet)は、ある設問に対して純粋に「はい」か「いいえ」を選ぶシンプル極まりない賭け方です。しかし、その内容が意外と考えさせられるものが多く、やはりスポーツニュースやブックメーカーのオッズとにらめっこする必要は出てきます。

 

例えば「Aチームが先にイエローカードを出すか?」「延長戦になるか?」「両チームに得点があるか?」「満塁のチャンスがあるか?」といった、かなり具体的な内容となっています。

日本の社会はとても忙しいです。24時間あっても仕事にプライベートに時間が足りません!だからこそ、2択で予想する確率が50%の「Yes No Bet」がおすすめなのです。

 

スコアラー・マーケッツ:サッカーと野球好きな日本にピッタリ

スコアラー・マーケッツ(Scorer Markets)は、野球、サッカー、バスケットボール、ラグビーといった団体スポーツにおいて「得点を決める選手」に焦点を当てた賭け方です。例えば、「最初にゴールする選手は誰?」「試合の一番最後に得点を決める選手は誰?」「試合で最も多く得点を入れた選手は誰?」というようなイメージです。

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加