日本のダイビングスポットのベストを探す

Pocket

日本のダイビング  

南北に3,000km以上もある日本は、北は寒流、南は亜熱帯と、広大な海域に囲まれています。これだけの海があるのだから、日本が最高品質のダイビングを提供できないわけがない。日本のダイバーは、長い間、日本のダイビングスポットを探し続けてきました。しかし、これまで、世界中の冒険好きなダイバー以外のレーダーにはほとんど映っていなかったのですバンバンカジノのゲームのように多様な水中世界を求めているなら、日本がその探索の場である。ダイビングに出かけよう-探検するものがたくさんある。

 

北海道の冬のダイビング

北海道の冬といえばスキーを思い浮かべる人が多いと思いますが、寒さを恐れない人にとっては、北海道は壮大なダイビングの機会に恵まれています。実は積丹半島は、冬にボートダイビングができる半島なのです。寒くなるかもしれませんが、寒さに耐える勇気のある人にとってのメリットは数多くあります。北海道の西海岸に位置し、札幌からわずか3時間。ここで冬にダイビングをすると、珍しいさまざまな海洋生物に出会える可能性が高い。巨大タコ、トド、オホーツクアカタザメ、コブシメなど、北海道の冷たい海を住処とする生物はほんの一例です。雪をかぶった岩肌に囲まれながらのスキューバダイビングは、忘れられない体験になるでしょう。

さらにスリルを求めるなら、北海道の最北西部に位置する知床半島では、流氷ダイビングというユニークな体験ができる。流氷は、ロシアと中国の国境にあるアムール川沿いから、深い海水の上に浮かび、北海道沖のオホーツク海に向かって落ちていく、約1,000kmの旅路に入ります。気温は低いですが、温泉も多く、のんびりと過ごすことができます。

 

数千匹のコバンザメに出会える千葉県

成田国際空港を擁し、東京に近い千葉は、多くの訪日外国人にとって最も重要な玄関口である。房総半島の最北端に位置する伊東では、数千匹のドチザメに包まれるスリル満点のダイビングが楽しめます。サメは危険ではありませんが、マスクやレギュレーターにダメージを与えるので、初心者向けのダイビングではありません。熟練していないダイバーは、この体験ダイビングに参加しないことをお勧めします。しかし、能力と自信がある人にとっては、これだけの数のサメに接近してダイビングできる場所は、世界でも数少ないのです。また杏美月、エイにも注意しましょう。冬に潜ると、魚を求めて水中を泳ぐカワウに出会えるかもしれません。

 

日本初の国立海洋公園に潜る

日本の主要な島々の中で最も小さな島である四国 高知県の太平洋に面した海岸は、世界で最も強力な海流の一つである黒潮の影響を受けています。この海流は、北日本の温暖で栄養豊富な海を運び、多様な生態系を形成し、ダイバーを楽しませています。高知県近海にはサンゴが生息しています。ピグミータツノオトシゴのような小さな魚や大きなカンパチの群れ、カツオの仲間。また、イルカやカメに出会うこともできます。

1970年に設立された日本初の国立海洋公園である辰口には、年間を通じて様々なダイバーズサイトがあり、多様な魅力を提供しています。冬は100種類以上のカラフルなウミウシ、秋から初夏にかけてはレインボーランナーやスズメダイ、アンティアスなどの魚の大群に出会える。

 

亜熱帯の海は、ビギナーダイバーに最適です。

日本の南西部に位置する沖縄は、暖かい海に恵まれており、初心者ダイバーに最適な場所です。透明度が高く、様々な海洋生物が生息していることから、国内でも有数の水中ダイビングスポットとして知られています。沖縄本島の南西40kmに位置する慶良間諸島の20の島々は、県庁所在地の那覇から船で簡単にアクセスすることができます。高速船で35分から60分の旅です。しかし、慶良間に一泊する価値は十分にある。

100以上のダイビングスポットがあり、透明度の高い海では、深く潜るか水面でシュノーケリングするかによって、たくさんの魚を観察することができます。赤島海洋科学研究所が確認したサンゴの種類は248種で、これは日本に生息するサンゴの6割以上にあたるという。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加