日本でのウィンドサーフィン

Pocket

ィンドサーフィン  

日本は四方を海に囲まれており、非常に興味深いウィンドサーフィンのスポットがいくつかあります。中でも御前崎は、80年代に「Sometime World Cup」などの伝説的なイベントが行われた場所として知られている。今の日本では、かつてほどスポーツは盛んではないかもしれないが、一年中楽しんでいる人たちはたくさんいる。東京から南(約50km)に向かうと、材木座(鎌倉)や逗子海岸などのビーチで、老若男女問わずたくさんのウィンドサーファーに出会えますインスタのフォロワーを購入

 

スポットライト

 

かまくら

東京から電車で約1時間、鎌倉は歴史のある美しい海辺の街です。古くからの神社仏閣が多い場所です。京都市と同様、日本で最も崇敬されている神社の一つであり、外国人観光客を含め、年間900万人が訪れている。

 

鎌倉へのアクセスは、東京や品川など日本の首都圏の主要駅を結ぶJR横須賀線特急で、鎌倉駅まで直通で行くことができます。

 

鎌倉のウィンドサーフィンのメインスポットは材木座海岸です。鎌倉駅から徒歩ですぐ(10~15分)です。そこには、ウィンドサーフィンやSUPをレンタルできる地元のお店がいくつかあります。風がなくても、周辺には見どころがたくさんあるので、動揺することはありません。観光名所や史跡を巡りながら、古い町並みを楽しむことができます。

 

厨子

鎌倉の近く(逗子駅はJR横須賀線の鎌倉の次の駅)にある逗子は、おそらく東京近郊で最も人気のあるウィンドサーフィンスポットでしょう。ブラウジーニョやフェルナンデスなど、PWAワールドツアーのプロが頻繁に登場する。特に夏場(7月、8月)は、多くの海辺のレストランやバーがこの期間だけ営業するため、通常、ビーチは混雑しています。ビーチにはウィンドサーフィンのショップがいくつかあり、道具をレンタルすることができます。

首都圏には、三浦、富津、検見川、利根川などのスポットもあります。

本栖湖は、春から夏、初秋にかけて温暖な気候でライダーを楽しませてくれる人気の湖。有名な富士山の麓にあるこの湖は、特にスラロームとフリースタイルのファンを魅了している。また、様々なフリースタイルイベントも開催しています。

御前崎は、冬になるとウェイクボードが楽しめる場所です。毎年、バンカーリングがトレーニングやブランドプロモーションのために多くのPWAライダーが訪れるスポットです。日本の有名なウィンドサーファーも数多く拠点を置いています。

 

ご利用条件

 

シーズン

これらの場所は、超風が強いとは言えないし、グランドカナリア島やボネール島のように一定の風を誇れるわけでもない。しかし、そこでも素晴らしい風のコンディションを楽しむことができる。海からの熱風がよく吹く4月から7月、北東の沖風がよく吹く12月から3月が良いシーズンである。いずれにせよ、東京に行く前に予報を確認するのが一番です。

 

風力

春から夏にかけての東京では、南風や南西風の熱風を受ける可能性が高い。運が良ければ、7月、8月、9月に台風が来て、素晴らしい波がやってきます。11月頃からは沖合に北東の風が常に吹き、スラロームやフリースタイル愛好家にとって最高のフラットコンディションとなる。冬場は低気圧の影響で大きな風が吹くことが多く、オンショアが吹き、良いウェイクコンディションとなる。

多くのローカルはフリースタイル用に5.0から6.0、スラロームやフリーライド用に6.0から8.0のセイルを使用するのが普通です。夏に台風が来たときや、冬に低気圧が来たときは、だいたい3.5から4.5のセイルがベストです。

 

水温

春(6月まで)は2~3mm、10~12月は2~3mmのロングウエットを使用するのが原則です。12月から3月までは5mmのセミドライスーツ、7月、8月、9月はショートパンツやショートサマーウェットスーツでもOKです。

風がないとき

それでもダメなら、観光地へ行こう 鎌倉には、美しい仏教寺院や神道寺院が数多く存在します。また、外国人に対しても非常にフレンドリーな街です。日本語が話せても、何も心配はいらない。夏には、鎌倉や逗子の海岸で、ビーチハットやさまざまな食べ物や飲み物を楽しむことができます。また、地元の若者が集まる場所でもあるので、風の強い日など天候に恵まれない日でも、のんびりと楽しむことができますよ。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする